コロナワクチンを接種してきた話【元生活保護受給者】

健康と病気の話

元生活保護受給者の現フリーターでも、ワクチン接種できるんですねぇ。

平等やね(適当)

まぁそれはともかくワクチンを打ってきました。その時の話を少し。

スポンサーリンク

地域の集団接種会場で打ってきました

ネット予約して、集団接種会場で打ってきました。

なかなか予約が取れず休みとは合わせられなかったものの、夜遅くまでやってくれていたのでアルバイト帰りにちょっくら打ってきた感じです。

会場には接種後待機勢やスタッフも含めると100〜150人くらいいたと思います。密ではなかったけども絶対数が多いとあまり意味ない気がしますね(笑)

速すぎる。光速のワクチン接種

ワクチン接種は迅速に行われました。

会場入ってから、接種券の確認→問診→ワクチン接種→経過観察(10分)の流れで進むのですが、ワクチン接種までは5分もかからなかったと思います。

集団会場でたくさん人もいるのにあそこまで素早く進められるのはひとえにスタッフの方々の頑張りですよね。素晴らしい。

そしてワクチン接種。

これまた凄まじく早い。神速。

接種用の椅子に座ってから、30秒もかからず椅子から立ち上がった気がする。はい次〜みたいな。わんこそばレベル。

経過観察のため10分は待機せざるを得ないとはいえ、全体で見ても15分程度で済ませられるのは多くの社会人にとって素晴らしいことだと思います。

ワクチンの痛み。そして副作用

スポンサーリンク

ワクチン接種、少しだけ痛かったです。少しだけ。筋肉注射なので筋肉痛的な痛みや副作用が出るのは仕方ない、というのが今回のワクチンの特徴みたいですね。

打った後、経過観察のため10分間会場の椅子に座って待機。この間は特に痛みなし。ほんの少し左肩に違和感はあったけど、普通にスマホとかもいじれました。

経過観察が終わり、帰宅。

ワクチン接種から30分くらい経ったころ、左腕全体がうっすら、じんわりと痺れてきました。痛みではなかったものの少し違和感。

帰宅途中にドラッグストアへよって、念のため痛み止めを買って帰りました。ワクチン接種の際に担当者から「アセトアミノフェン」という成分が入っている痛み止めを買うことをオススメされていたので、とりあえずノーシン錠を購入。

※他のは全部売り切れてた。たぶん皆痛み止め買ってるんだね。

その後家について、お風呂に入って、ご飯を食べて、夜寝るまで何事もありませんでした。痛み止めも飲んでいません。

翌日。

朝起きると、打ったところに多少の痛みがありました。筋肉痛というよりは青タンとかができた時のような痛みかも。打撲的な。腕を動かしたり上げようとすると痛い。動かせなくなるほどではないけども、痛い。

とりあえず買っておいたノーシン錠を飲んでアルバイトへ。休みが合わなくて残念ですが痛みが酷くなくて良かったです。とりあえず倉庫での軽作業は問題なく済ませられました。

ワクチン接種から2日後には痛みもなくなり、普通の日常に戻っています。

といった感じで1回目のワクチン接種は副作用も少なく、無事終了しました。

不安と恐怖の2回目

2回目は3週間〜1ヶ月後に接種することを推奨されています。残念ながら集団接種会場では予約ができず、再度ネットからの予約になりました。

が、さすがに2回目は予約も取りやすく、あっさりと希望日に取れました。休みとも合わせやすくて助かります。

一般的に、ワクチン接種2回目の方が痛みや熱などの副作用発生率が高いそうです。免疫ができようとしている証なのだとか。

同じアルバイトの方々に聞いても、2回目の後に高熱で2日程度ダウンした方がたくさんいました。むしろ2回目に何もなかった人とはまだ出会ってないな…。

ちょっと不安ですが痛み止めが効いてくれることを祈りましょう。

※2回目は11月中、まだ打っていません。また後日更新します。

タイトルとURLをコピーしました