家計簿をとってみて気付いたこと。「お金を使ってない日」がない【節約】

ためになる話

生活保護を受給し始めたころ、受給費をなるべく厳格に管理するため家計簿をとることにしました。自分の金銭感覚の確認も兼ねています。

そんな家計簿。半年とってみて今更ながら気付いたのですが「お金を使ってない日」が全くありませんでした。

 

すごいよね(他人事)

 

ほんと、1ヶ月に1回あるかどうかなんです。ほぼ毎日、なにがしかにお金を使ってたんです。いや使ってるんです。

参考にこちら、5月の家計簿です。

5月、お金使ってない日が1日もないの。

 

すごいよね〜(再確認)

 

お金、節約しなきゃですよね。いや、今でも節約はしてるんです。可能な範囲、自分の知ってる範囲で。

事実として、収入より支出が上回った月はほぼありません。※あっても生活保護経費などで翌月返ってきたので

スポンサーリンク

過去にも何度か当ブログに書いてきましたが、今一度、私がお金を使うパターンをふりかえってみます

まず家で食べるご飯ですが、スーパーの安売りセールや業務スーパーなどで格安食材を買い貯めして自炊しています。よくインスタにあげてるやつですね。

施設暮らしの時は環境的に自炊不可だったためカップ麺も多用していましたが、引っ越してからはまったく食べていません。これは大きな節約の1つだと思います。

もっと節約できそうなものの、自炊や料理の知識がなく節約しきれていない部分が多くありそうです。これについては情報を集めていくしかなさそうですね。あとは経験か。

 

次にアルバイトの日です。週に5日、アルバイトをしています。朝食に松のやの納豆卵かけご飯定食(250円)、昼食にお弁当(350円付近)と、お金を使っています。

一日最低600円。

正直このあたりは現状変えるのが難しいところです。すでに安価であるうえ、栄養もかなり重視されておりメリットが大きいのです。※こちらでも書きましたが出張弁当の栄養価が高いのです

もやし等格安食材を使って弁当を作れればもっと安く済ませられるんでしょうが、栄養を疎かにできませんし今の私の料理スキルでは時間がかかりすぎます。貧乏だからって適当はいけません。ストレスの元です。

なので現状、出勤日の支出は減らせないというのが現実です。料理経験を積んで調理速度アップ&晩飯の残りを弁当にするとか出来れば良いんですけどね…。そもそもまだ1食に一種類しか料理作れてないんだけど…。

ちなみに自炊&外食&弁当などを合わせた月々の食費はおよそ29,000円です。これは施設暮らし時代から変わっていません。

スポンサーリンク

次に、休日の出費です。

散歩 or カフェ巡り or 自宅で料理やスマホゲームというのが私の休日です。今のところこの「休日に自宅にいる」というのが唯一お金を使ってない日になっています。散歩もそれ自体にはお金を使わないんですがだいたいスーパーやカフェ巡りが重なるんですよね。

カフェには一回で500〜800円程度使っています。週に1回行っているので3,000くらいは使っていることになります。まぁ贅沢といえば贅沢なんですが、初めて入るお店、初めて飲むお洒落な飲み物、初めて食べるスイーツと、精神面で非常に有意義な時間を過ごせているので良しなのです。初体験は心を豊かにしてくれます。

 

なお、多少の趣味・娯楽費用もあります。私はブラックコーヒー&モンスターエナジー&三ツ矢サイダーが大好きです。コーヒーは1.5L、サイダーは2Lの安売りのやつをたまに買います。お酒はほとんど飲みませんがたまにチューハイを1缶買ったりします。お菓子はまったく買わなくなりました。

カフェ巡りや娯楽費用の合計は、正直なところ上がってます。生活保護時代は月々4,000円くらいだったものが、先月は8,000円と倍になっていたり。あかんね。欲に負けてる。まぁ先月は川越観光行ったからそれの分もあるんだけど。

コーヒー牛乳が美味しくて仕方ないの。

とまあ、ここまでが今の私の日常、お金を使うパターンです。

 

ここからどうやって出費を減らすか。

お金を使わない日を増やすのか、毎日の出費を減らすのか。休肝日ならぬ「休金日」でも作ってみるか。

自宅にいる日を増やすというのは、まぁ最近の社会状況的にはありなのです。コロナ、かかりたくないし。

でも完全に外出しないってのはうつ病的によくない。コロナかうつ病かじゃ逃げ道ないじゃん。他人のためか、自分のためか、なら絶対自分を選びます。外出しないってのは将来的に見ても正解ではない気がします。頻度を下げるのはいいとしてもね。

「お金を使わない趣味」を作ると幸せになれる、ということをひろゆきさんが著書「無敵の思考」にて書いていました。お金を使わなきゃ幸せを得られないということは、未来永劫お金を稼ぎ続けないといけないので幸せにはなれない、的な。

まぁ今回の「節約」とは少しズレてしまうのですが、そういう意味で言うと散歩やスマホゲームはお金を使わない趣味、カフェ巡りはお金を使う趣味になっています。カフェに使うお金を減らすのは実践してみましょう。

出勤日の出費についてはしばらくはほぼノータッチでいきます。現状に満足なので。栄養面での代替案が考えられないし。

となるとやはり趣味・娯楽費用ですよね。月々3,000円未満には抑えたいところ。正直三ツ矢サイダーは飽きてきてて、ここ1ヶ月は買ってません。最近安売りもしてないし。

代わりにブラックコーヒーを買う量が増えました。コーヒー牛乳が美味しすぎて困ります。今の季節には氷たっぷりのアイスコーヒーもまた美味しすぎて。このあたりを抑えなくちゃダメですね。まぁ夏場が過ぎれば落ち着くかもしれません。

樺沢紫苑さんの著書「行動最適化大全」によると、「カフェインの摂取は不眠に影響するため、摂るのは午後2時までにする。」とありました。不眠は精神的にも肉体的にも様々な問題を引き起こすので抑えたいと思っています。たしかに最近夜ふかしが多いです。自分の体のためにもコーヒーの摂取量は減らします。

 

モンスターエナジーは、好きだから減らしません。

 

といった感じで少し自分のお金についてふりかえってみました。家計簿を取ると、このあたりの現実や問題に気付けたりしますね。家計簿を取りつづけることが必ずしも良いことにつながるわけではありませんが、金銭感覚などに不安な方は一度とってみると良いと思いますよ。

 

こんなことを、アイスコーヒーを飲みながらブログに書いてみました。

 

節約しよう。明日から。

だいわ文庫
タイトルとURLをコピーしました