うつ病で生活保護になり人生をリセットした話

人生の話

皆様こんにちは。お疲れ様です。私事になりますが、当方、生活保護を受けることになりました。2月から受けており、現在3月、ちょうど1ヶ月が過ぎたところです。

以前からだいぶ危うかったのですが、いよいよ精神的にダメになってしまいまして。後々病院で診てもらったところ正式に「うつ病」と診断されてしまいました。

いろいろあって完全に詰んでしまったので生活保護を受けるに至った次第です。

普通に、まっとうに、真面目に生きてきたはずなんですけどね…なぜこうなったのか自分でもよく分かりません。やっぱり1年前の仕事疲れやストレスによるものでしょうか…。

今回は誰の参考になるかも分かりませんが、自分自身の精神的な備忘録として、生活保護に至るまでの経緯、そして現状を書き留めてみようと思います。

スポンサーリンク

うつ病になり全てを捨てた話

これは直近だけの話ではないのですが、一年ほど前、仕事をやめる少し前から「何もかもを放りだしたい」衝動にかられるようになりました。

少しずつ、家にあるものをゴミに出すようになりました。最初は生活用品とかだったはず。ハサミとか耳かきとか掃除用品とか。少しずつ身の回りのものが減っていって、次に洋服や食材、電化製品などに移っていきました。

一年かけてとても緩やかにものが無くなっていきましたが、昨年12月ごろから急変。

「もう何もいらない、全部捨てよう。家もいらない。」

気づいたらそんな考えになっていて、残っていた洋服や家具、電化製品やゲーム、パソコンまで家にあるもの全てを捨てるに至りました(パソコンや大型家具はリサイクル引取)。

この捨てまくっている間、家にいないことも増えました。あたりをさまようようになり、起きたら近くのネカフェや公園だったこともありました。最終的には家も引き払い、完全にホームレスに。

残るお金は多くありませんでしたが、なぜかこのタイミングでどうしても自分の現状、自分に何が起きているのかはっきりさせたくなり病院へ行くことに。もちろん精神科。そこで長いカウンセリングの結果、「うつ病」と診断されたのです。

この一年を省みると薄々そうじゃないかという気もしていましたが、それでも実際診断されると「まさか自分がうつ病なんて」という感覚の方が強かったです。退職までは真面目に生きてきましたし、ストレス発散も体調管理も出来ていたつもりでした。

結局この時、病院の方には現状のこと(すでにホームレスであること)は伝えず、今はお金がないので薬もいらないと伝え病院を出ました。

最終的にここで、キャッシュカードや通帳、財布、スマホなどの貴重品も全てコンビニのゴミ箱に捨てて、完全に何もかもを失った人となりました。(この時点で口座と所持金合わせても5万円程度しか持ってなかったはず)。

自殺未遂。しかし情けない結果に…

実はものをすべて捨てたのには、何もかも放り出したいという考え以外にもう1つ理由がありました。

自殺を考えていたんです。うつ病によるものかどうかは分かりません。

もう死のう…全部捨ててなくなればあとは死ぬしかなくなるはず…。そんな考えがありました。

そうやってすべてを捨て、部屋も引き払い、とうとう完全に着の身着のまま、来ている服と首吊り用ビニール紐が入ったカバンだけになった私は行動に移します。

深夜3時頃、事前に調べておいた町外れの寂れた公衆トイレに行き、個室内で首吊りを。服をかけるための出っ張りにビニール紐を何重にもかけて。

めちゃくちゃ緊張したのを覚えています。心臓ばくばくで、大きく深呼吸して、わっかに首をいれました。座って首を吊った形です。

最初はまだ息が保たれていて、30秒くらいは何事もなく過ぎました。それから息が苦しくなってきて。

当然といえば当然なのですが、首が絞まっているので息を吸うことはおろか、吐くことも出来ないんです。吸いたいし吐きたい。本当に苦しくて。ただただ苦しい。めちゃくちゃ苦しい。静かにあっさり死のうと思いながら臨んだのですが、とても浅はかな考えでした。

結果、暴れながらわっかから離れてしまい未遂に終わりました。その後も「もう何も残ってないんだから、何とか死ななきゃ。」という思いで何度かわっかに首を入れましたが、苦しさへの恐怖でどうしても死ねませんでした。

自殺にはとてつもない勇気がいる。苦しい社会を生き抜くよりずっと難しい。

その後のことは鮮明に覚えています。深夜の夜道を、ふらふらとさまようように歩きました。恐怖で足もガタガタに震え、「どうすんだよ、死ねなかったよ、情けないなぁ」と声に出しながらさまよっていました。ほんと情けない。

その後、1時間ほどさまよったのちにたどり着いた公園のベンチでこれからのことを考えて、「少なくとももう自殺は無理、恐怖に勝てない。生きる選択しかなくなっちゃった。」との結論に至りました。

ここまで書いててホントに自分情けないなぁと笑ってしまいますね。自殺した人のことを称賛したりはしませんが、あの恐怖に勝った勇気は凄いと心の底から思えます。

生活保護はハローワークではなく市役所

スポンサーリンク

自殺断念後、何とか生きるしか無くなってしまった私には「生活保護」の選択肢しかありませんでした。というかそれしか知らない。無知。

どこでそれを受けられるのかもわからず、とりあえずハローワークに行くことに。しかしこの時はまだ深夜4時頃で、しかも現在地がどこかも分からない。そもそもハロワの場所も分からない。これがスマホがないことの不便さを知った瞬間でした。

それから1時間ほど歩き回り、看板や歩道沿いの地図などを便りに何とか駅につきました。そこは小さな駅だったので何もなく、線路沿いを歩いて隣の大きな有名駅まで移動。深夜4時半とかだったかな。

そこでポスターやフリーの求人雑誌などを調べたのですがハロワの場所は分からず。次に駅近くのコンビニを5件ほどまわり、地図が売っている所を何とか見つけました。そこで地図を立ち読みしてハロワの場所を確認、ハロワへ向かったのです。数時間前まで自殺を考えていたとは思えないほどの元気でした。

で、何とかハロワにたどり着き、営業開始まで数時間待って担当者に確認したところ、

生活保護の受付は市役所です。現在住んでいるところ(住民票の住所)の市役所に行って下さい。

と言われ撃沈。深夜から歩き続けたこともあって酷く疲れました。が、ハロワの方に道を教えてもらい何とか市役所まで行きました。

生活保護の申請と、施設への入居

生活保護の申請は、市役所の生活福祉課。

「ご用件は?」

の問いに、

「生活保護の申請と、直近の生活のフォローをお願いしたいです。」

と伝え、その後担当者と話し合いに。

うつ病のこと、ここ最近のこと、現状何も持っていないこと、昨晩自殺未遂したこと、経緯をすべて話しました。担当の方が非常に親身になってくれる方で大変助かりました。(ちなみに隣の方の担当はめちゃくちゃ口も態度も悪かったです…)。

その後、生活保護の条件について色々聞かれました。預金口座のこと、入っているお金、持っている資産、家族関係、家族以外に頼れる親族・友人はいるか。だいたいこんな感じ。

口座番号などは分からなくてもオッケーでした。家族には一応手紙を送ると言われたものの、電話連絡などはしなかったようです。(そもそも私には頼れる家族がいませんが)。

条件の話が終わったあと、住むところも食べるものも無かったので市役所指定の施設へ行くことに。

同じように生活保護で生きている方がたくさん住んでいる施設です。高齢者だったり病気の方がほとんどです。ひとまずここで生活して、病気を治療し仕事を見つけたらここを出ましょう、と。

生活保護費は最短で2週間、最長で1ヶ月後に受給されるので、それまでは一文無しで施設生活を送ることになりました。

市役所に行ってわずか二時間ほどでこんな感じ。とりあえずまた生きていけるんだなぁと思うととても安心したのを覚えています。

現状。人生のリセット。生活保護からの復活に向けて

スポンサーリンク

そんな感じで今も施設暮らしが続いています。施設と言ってもそこまで堅苦しいものではなく、わりと普通に生活出来ています。さすがにネットはありませんが。

一日三食、給食みたいな、というか高齢者向けのようなご飯がでます。味はともかく生きられます。トイレやお風呂は共用で、部屋は四畳半くらいの狭い部屋を仕切りで二つに分けて一人ずつ住むという二人部屋。テレビ付き。布団しいたら隙間もないくらいの狭さですがまぁ生きられます。隣の音は気にしない気にしない。

毎月の生活保護費は11万円ちょい。施設の家賃(水道光熱費、食費含む)がなんと9万もするので実質2万円。ここからスマホ代や交通費、何も持ってない私の場合は洋服や生活用品などにも使うのでなかなかハードです。が、頑張るしかないですね。

まぁこんな感じで、「完全に全てを失い、一からやり直し」という人生のリセットをすることになりました。

身分証明書の再発行とか通帳やカードの再発行とかスマホの再発行とか、うつ病の治療とか仕事探しとかもういろいろ大変ですが、そのあたりも追々書きまとめようと思います。

んでつい先日、スマホを再発行出来ました。

スマホ復活後、まだ生きていたこのブログを発見。施設暮らしで時間をもて余していましたし、仕事ではありませんがうつ病改善のきっかけになれば、そして生活保護についての経験共有などできればと思い更新を決めた次第です。

今後も生活保護のこと、お金のこと、生活のこと、仕事のこと、その他諸々ブログに書いていこうと思います。興味がある方、ぜひぜひ読んでみてください。こんな人生を送っている人もいるのかと笑ってあげてください(笑)

タイトルとURLをコピーしました